MATCH INFORMATION

試合情報

第21節

9.23 Wed. 19:00

ミクニワールドスタジアム北九州

0-3

0前半1

0後半2

ギラヴァンツ北九州

北九州

水戸ホーリーホック

水戸

GOAL

山口 一真 10分

村田 航一 57分

中山 仁斗 64分

入場者数
2436人
天候
曇 弱風 気温25℃ 湿度53%
ピッチ
全面良芝
主審
谷本 涼
副審
中野 卓、正木 篤志
第4の審判
矢野 浩平

STARTING MEMBER

スターティングメンバー

ギラヴァンツ北九州

GK 31 永井 堅梧
DF 3 福森 健太
DF 6 岡村 和哉
DF 16 村松 航太
DF 32 永田 拓也
MF 10 髙橋 大悟
MF 17 加藤 弘堅
MF 25 國分 伸太郎
MF 39 椿 直起
FW 9 ディサロ 燦シルヴァーノ
FW 18 町野 修斗

水戸ホーリーホック

松井 謙弥 50 GK
岸田 翔平 13 DF
住吉 ジェラニレショーン 2 DF
ンドカ ボニフェイス 4 DF
前嶋 洋太 3 DF
奥田 晃也 15 MF
山田 康太 7 MF
平塚 悠知 25 MF
村田 航一 11 MF
山口 一真 10 FW
中山 仁斗 9 FW

SUB MEMBER

サブメンバー

GK 1 高橋 拓也
DF 15 野口 航
DF 20 河野 貴志
MF 4 川上 竜
MF 14 新垣 貴之
FW 11 池元 友樹
FW 28 鈴木 国友
牲川 歩見 21 GK
乾 貴哉 28 DF
木村 祐志 5 MF
安東 輝 8 MF
森 勇人 20 MF
松崎 快 27 MF
アレフ ピットブル 48 FW

MANAGER

監督

小林 伸二
秋葉 忠宏

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州

水戸ホーリーホック

水戸ホーリーホック

選手交代
TIME IN OUT
46* 4川上 17加藤
46* 20河野 6岡村
51 28鈴木 9ディサロ
76 15野口 32永田
79 14新垣 18町野
TIME IN OUT
63 20森 15奥田
69 28乾 2住吉
82 27松崎 11村田
82 8安東 25平塚
82 5木村 9中山仁
警告
TIME PLAYER
TIME PLAYER
55 9中山仁(C1)

C1:反スポーツ的行為 / C2:ラフプレー / C3:異議 / C4:繰り返しの違反 / C5:遅延行為 / C6:距離不足 / C7:無許可入 / C8:無許可去

退場
TIME PLAYER
TIME PLAYER

S1:著しく不正なプレー / S2:乱暴な行為 / S3:つば吐き / S4:得点機会阻止(手) / S5:得点機会阻止(他) / S6:暴言 / CS:警告2回

スタッツ
13 シュート 13
9 ゴールキック 13
6 コーナーキック 6
13 直接フリーキック 2
2 間接フリーキック 1
2 オフサイド 1
0 PK 0

ハーフタイム監督コメント

小林 伸二

・25分以降足が動き出してよくなってきている
・後ろからのサポートを近くしよう
・「自分たちがやることをやる」このことを忘れるな!

秋葉 忠宏

・最後までやりきる!
・自信を持って戦う!
・勝って終わろう!

試合後コメント

秋葉忠宏監督
「「まずは中3日の中で我々はクラブに感謝しないといけないことは琉球戦後に沖縄に滞在できたということ。なので、寝食を共にする時間が長かったので、ダメージの大きい敗戦からしっかりと目を背けずに主体性を持って、いろんなところで選手たちが話をしている姿を見ました。練習中も細かいことでも見逃すことなく、すり合わせをしたり、コミュニケーションを取り合っていたことが勝利につながったと思います。それもコロナ禍でクラブが苦しい中でもそういうことをやってくれたからです。そして、話をして解決できるほどフットボールは甘くありません。その中で選手たちは素晴らしいメンタリティとハイパフォーマンスを見せてくれました。言うのは簡単なのですが、たった3日、実質ほとんどトレーニングができない中で体力を回復させた上でこれだけのことを首位の北九州さん相手にやることは並大抵のことではありません。これをやってのけた選手たちを誇りに思いますし、本当に素晴らしい選手たちと一緒に戦えているんだと感じています」

村田航一選手
「(ゴール場面は)僕の長所としてクロスに入っていくというのは出していきたいと思っていたので、サイドハーフでしたが、サイドバックが高い位置を取ってクロスを上げる時は積極的に中に入っていこうと意識はしていました。入った所にすごくいいボールを(岸田)翔平君が上げてくれた。結構押し込むだけでしたので、いいボールに感謝したいなと思いました。個人的にも今年初得点でしたし、それが勝ちを手繰り寄せる得点だったと思うので、すごくホッとしましたし、嬉しかったです」

山田康太選手
「今日は最初から後先を考えず水戸らしさを全面に出して、自分たちからアグレッシブに展開していこう、向こうのゲームにさせないことを意識しました。奪われた後にすぐボールを奪いにいくだとか、そういう展開を早くする中で、相手を上回ろう、スローよりも早いテンポで展開しようとしていた。コントロールというよりは、自分がよりアグレッシブに、セカンドだったり、守備の面でもしようと、そういう所に重きを置いていました」

提供:デイリーホーリーホック
コメント全文はデイリーホーリーホックをご覧ください。なお、コメントの転載は禁止です。

ギャラリー

  • TOP
  • 試合日程・結果
  • 2020明治安田生命J2リーグ 第21節 VS ギラヴァンツ北九州

FOLLOW US