MATCH INFORMATION

試合情報

第6節

7.19 Sun. 19:00

ケーズデンキスタジアム水戸

4-0

2前半0

2後半0

水戸ホーリーホック

FC町田ゼルビア

10分 山口 一真

27分 山谷 侑士

63分 ンドカ ボニフェイス

90+1分 松崎 快

GOAL
入場者数
1268人
天候
晴 無風 気温25.4℃ 湿度73%
ピッチ
全面良芝
主審
鶴岡 将樹
副審
五十嵐 泰之、金次 雄之介
第4の審判
松澤 慶和

STARTING MEMBER

スターティングメンバー

水戸ホーリーホック

GK 21 牲川 歩見
DF 13 岸田 翔平
DF 4 ンドカ ボニフェイス
DF 24 細川 淳矢
MF 6 平野 佑一
MF 23 外山 凌
MF 7 山田 康太
MF 20 森 勇人
MF 16 山谷 侑士
FW 9 中山 仁斗
FW 10 山口 一真

FC町田ゼルビア

秋元 陽太 1 GK
小田 逸稀 22 DF
深津 康太 5 DF
水本 裕貴 4 DF
奥山 政幸 2 DF
髙江 麗央 18 MF
佐野 海舟 25 MF
吉尾 海夏 14 MF
平戸 太貴 10 MF
晴山 岬 27 FW
中島 裕希 30 FW

SUB MEMBER

サブメンバー

GK 50 松井 謙弥
DF 2 住吉 ジェラニレショーン
DF 3 前嶋 洋太
MF 15 奥田 晃也
MF 25 平塚 悠知
MF 27 松崎 快
FW 48 アレフ ピットブル
福井 光輝 42 GK
大谷 尚輝 3 DF
酒井 隆介 23 DF
井上 裕大 15 MF
マソビッチ 7 FW
ステファン 9 FW
安藤 瑞季 16 FW

MANAGER

監督

秋葉 忠宏
ランコ ポポヴィッチ

水戸ホーリーホック

FC町田ゼルビア

選手交代
TIME IN OUT
68 25平塚 6平野
71 27松崎 16山谷
71 48Hピットブル 9中山仁
81 2住吉 10山口
81 15奥田 20森
TIME IN OUT
46* 7マソビッチ 27晴山
46* 9ステファン 30中島
49 16安藤 9ステファン
64 3大谷 22小田
75 23酒井 3大谷
警告
TIME PLAYER
30 6平野(C1)
TIME PLAYER
53 25佐野(C1)
62 22小田(C1)
77 5深津(C1)

C1:反スポーツ的行為 / C2:ラフプレー / C3:異議 / C4:繰り返しの違反 / C5:遅延行為 / C6:距離不足 / C7:無許可入 / C8:無許可去

退場
TIME PLAYER
TIME PLAYER

S1:著しく不正なプレー / S2:乱暴な行為 / S3:つば吐き / S4:得点機会阻止(手) / S5:得点機会阻止(他) / S6:暴言 / CS:警告2回

スタッツ
16 シュート 9
8 ゴールキック 13
4 コーナーキック 4
14 直接フリーキック 14
4 間接フリーキック 1
4 オフサイド 1
0 PK 0

ハーフタイム監督コメント

秋葉 忠宏

3連戦、ホームで勝って締めくくろう!
感情を出して戦おう!

ランコ ポポヴィッチ

受け身である、自分たちからアクションしよう
もっと前からアグレッシブに行う
集中して落ち着いてプレーしよう

試合後コメント

秋葉忠宏監督
「まず、最高の雰囲気をサポーターやファンのみなさんが作ってくれて、選手の背中を押してくれました。勝つ雰囲気を作ってくれました。そして、沼田前社長が12年間チームを引っ張ってきてくれました。苦しい時に礎を築いてくれた人がいるから、我々がこうやって戦うことができている。そういった人たちの思いをしっかり受け継いでいって、さらに水戸ホーリーホックを進化させていきたいと思います。それに伴い、小島新社長の初陣となりました。一つ前の試合で勝って、沼田前社長を送り出したかったのですが、今日は小島新社長の初陣を飾ることができて、しかも、無失点で終えることができ、堅守の水戸を見せることができました。前社長も新社長もすごく喜んでくれました。勝利をプレゼントできたことをうれしく思っています。ゲームの方は前節2対0から2対2に追いつかれてしまいました。そのシチュエーションとまったく同じの状態で、どうやって勝つのかを今週ミーティングをしてきました。2対0で終わるのではなく、3点目、4点目をして、ゲームを決めてしまう。そして、無失点で試合をクローズすることもできました。しっかり上積みができましたし、今までいろんな痛みを味わってきましたが、一戦ごとに上積みをして、次のゲームで表現してくれている選手を誇りに思います。選手の能力の高さとインテリジェンスの高さを感じています。本当に素晴らしい試合でした」
平野祐一選手
「社長も変わって一戦目だったのでチームの雰囲気もとても良かった。それを勝利で飾れてよかったです。相手もこちらも4-4-2のミラーゲームだったので、戦術的というよりは個と個の戦いになるのかなというイメージで臨みました。各場所で勝てたのが勝因なのかなと思います。チームとして組織的に崩す所を積み上げていければ、より良いチームになっていく。チーム全体で落としていきたいと思います」
山谷侑士選手
「あそこは自分の得意のゾーン。大きく持ち出して、股が開くだろうと思いました。股を狙えてゴール出来てよかったです。「初スタメンだったので絶対結果を残してやろうと思って、有限実行できたと思います。まだ1点しか取っていない。別に自分で満足していないですし、目標の二桁得点に向けて、常に結果を求めてやっていきたいと思います」

提供:デイリーホーリーホック
コメント全文はデイリーホーリーホックをご覧ください。なお、コメントの転載は禁止です。

ギャラリー

  • TOP
  • 試合日程・結果
  • 2020明治安田生命J2リーグ 第6節 VS FC町田ゼルビア

FOLLOW US