ページの先頭へ

観戦ガイド/試合情報

  • ホーム
  • 北関東ダービー

2016年 順位表

順位   チーム 勝点 試合 引分 得点 失点 得失差
1 5連覇 水戸ホーリーホック 3 2 1 0 1 2 2 0
2   ザスパクサツ群馬 3 2 1 0 1 2 2 0

2016年度 試合結果 

日時 HOME 結果 AWAY スタジアム 観客数 アウェイ観客数 得点者
6 4.3(日)13:00 水戸ホーリーホック 1-0 ザスパクサツ群馬 Ksスタ 4,657 552 水:三島
29 8.15(月)19:00 ザスパクサツ群馬 2-1 水戸ホーリーホック 正田スタ 4,002 533

水:平松

群:瀬川、中村

細川 淳矢選手メッセージ 2016.8.14

「北関東ダービーということで、絶対に負けられない戦いですし、向こうもそう思っていると思います。群馬は今2連勝中ですごく勢いがあると思いますが、僕らも強い気持ちを持って上回って行きたいと思います。水戸のサポーターの皆さん、月曜日ですが力強い応援のほどよろしくお願いします。」

 

佐藤 和弘選手メッセージ 2016.8.14

「何が起きるか本当に分からないもの、それがダービーだと思っています。この北関東ダービーは初めて経験するので、楽しみでもあり、勝ちたい気持ちも強いです。自分自身のコンディションもシーズン最初の頃に比べ上がってきているし、ここでしっかり勝ちたいと思います。」

 

田向 泰輝選手メッセージ 2016.4.1

「なかなか勝てない苦しい状況ですけど、しっかり北関東ダービーを勝って、北関東ダービーを勝つことによって勢いに乗れると思うので、ホームですし絶対に勝つのでたくさんの方に応援に来て欲しいと思います。」

 

北関東ダービー クラシカル 概要

■コンセプト
《北関東ダービーのコンセプト》
2005シーズンにザスパ草津がJリーグに加入。水戸ホーリーホックに続き、北関東に2つのJ2クラブが誕生したことをきっかけに「北関東の盛り上げ及びチーム対決」をスタート。2009シーズンに栃木SCがJリーグ加入、3クラブによるダービーを「北関東ダービー」と称し、装い新たにスタート。
3クラブ相互の直接対決を、それぞれのサポーターが意識しあい、我がクラブをより強く応援したいという気持ちを奮い立たせることで、北関東ダービーの価値が高まり、各クラブにとって大きな観客数を期待できるブランドに育てていきたい。さらにはダービーの活性化を通じて「北関東エリア」全体の相互交流を促進し、地域全体の振興に寄与することを目的とする。

 

《2016シーズンについて》
2009年より始まり8シーズン目を迎えるはずだった今年のダービー。しかし2016シーズンは栃木SCのJ3降格によりダービー存続自体が危ぶまれた。群馬・水戸の両クラブで検討を重ねた結果、「2008年以前に立ち戻るというだけ。2クラブでダービーを継続しながら、栃木が再びこの舞台に戻ってくることを願う」という結論に至り、2016シーズンはダービー名に「クラシカル」をつけて開催することに決定。

 

■内容
両クラブホームゲーム時に、ダービー・カップを展示。
選手入場時、導線上にダービー・カップを掲出する。(但し、雨天時は中止)
北関東No.1クラブは、翌シーズンの北関東ダービーのホーム試合で、No.1ペナントを掲揚。 (2016シーズンは水戸ホーム時に掲揚)

 

■順位決定方法
2チームによるホーム&アウェイ方式と見なし、2試合の勝利数が多いチームを上位とする。勝利数に差のない場合は、2試合の得失点差、次に2試合におけるアウェイゴール数によって順位を決定する。
それでも順位が決定しない場合は、アウェイゲームに来場したサポーターの人数(水戸:正田スタのビジター自由席入場者数、群馬:Ksスタのアウェイ自由席入場者数)の多いチームの勝利となる。

end